交通事故の慰謝料には適正価格がある?

3月 9th, 2014

先日ニュースを見ていたときに、有名芸能人が交通事故を起こしたというニュースを見ました。
けっこう芸能人の交通事故って、ニュースで取り上げられますよね。
そのたびに「自分も気を付けよう…」と思う人が多いのではないでしょうか。

芸能人だから、交通事故を起こしたり被害者になったときにはニュースで取り上げられますが…
毎日様々なところで交通事故は起きています。
車を傷つけたくらいで済む方もいますし、中には亡くなる方もいます。

交通事故に遭うと、任意保険の担当者と被害者の間で示談金・慰謝料の交渉が始まります。
このときに提示された示談金で納得できる場合とできない場合があるということを知っていますか?

実は保険会社によっては、ある程度の金額を提示してそれを支払って終わり…ということがあります。
例えばケガのせいで仕事を長期休んだとか医療費がかさんで大変とか…
こういう場合は、慰謝料も増やしてほしいし対応も厚くしてほしいですよね。

被害者としては自分の身体も心配だけどお金も心配。
でも保険会社が払ってくれない!これでは困りますよね。

そんなときは弁護士や司法書士に相談してみましょう。
保険会社は「最低」基準で慰謝料を提示してくることがありますが、裁判や判例に基づいた「適正」価格で請求することもできるようです。
この金額をしっかりと出してもらうように、弁護士や司法書士の力が必要です。

交通事故の慰謝料問題については、詳しい弁護士・司法書士事務所に依頼しましょう。
事務所探しはこちらが便利→xn--o9j102gec457gdmeqoat28s0li.jp
こちらのサイトではオススメ事務所が紹介されています。全国対応の事務所や初回相談無料の事務所もありますから、探してみてはいかがでしょうか?
泣き寝入りしないように!参考にしてください。

借金問題や債務整理の解決のために。

2月 19th, 2014

あなたの悩みのもとになっている「借金問題」や「債務整理」。
放っておいたところで時間が解決してくれるどころか、問題は大きく膨らむ一方です。
今すぐ解決のための手立てを打たなくてはなりません。

ところが、何をどうしたら良いのか分からないという方が多いと思います。
そんな方々に、以下を最後まで読んでいただけたらと思います。

借金問題や債務整理の解決に役に立つのが、弁護士や司法書士といった借金問題や債務整理のプロです。
きちんとした解決方法を用いることで、借金問題や債務整理の今後を大きく変えることができるのです。

例えば、
・毎月の支払額を減らすことができる
・借金を帳消しにすることができる
・過払い金が返ってくる
といったことが挙げられます。
何かしらのメリットは必ずあるのです。

とにかく、今のままでは何も始まりません。
今すぐ、プロに相談してください。

詳細は、xn--o9jt86g5maw4ep60bp5tjv1c.jpに掲載されています。
有能で腕の良い弁護士事務所(東京と大阪)も紹介してくれていますので、ぜひフォームから相談してみてはいかがでしょうか?
相談も無料ですし、24時間電話対応をしてくれているところもあります。

ぜひ、今の負担を少しでも減らすことができるよう、あなた自身が動き始めてください。

債務整理を相談するなら司法書士?弁護士?

2月 13th, 2014

借金の返済が困難となってしまった時には債務整理が有効です。債務整理を行うことで返済できないと思った借金もなくなったり、大幅に減額になることがあります。

債務整理と言っても任意整理や特定調停、個人再生、自己破産など様々な整理方法があります。それによって債務整理後の対応方法が変化するので、適切な整理方法を選択し、実行するために、プロである専門家に相談することをおすすめします。
この場合は司法書士、あるいは弁護士に相談することになります。どちらに相談しても債務整理の相談には応じてくれますし、適切な整理方法を提案してもらうことになります。

しかし、それであればどちらに相談したら良いか、と悩んでしまうかもしれません。
司法書士と弁護士の場合は役割が異なります。どちらも代理人となるのですが、司法書士の場合は裁判所に申請する書類作成の代理人、弁護士の場合は債務整理の手続きや進行する上での代理人になります。裁判所から面談が発生した時には、弁護士は債務者の代理人として裁判所に向かい代行して裁判官からの面接に回答することができますが、司法書士の場合は回答する権限が与えられません。

その分、費用としては司法書士に依頼する方が安くなるというメリットがあります。メリットデメリットを比較して慎重に選ぶようにしましょう。

交通事故後の手続きは法律家に任せて治療に専念

2月 13th, 2014

自分や家族が交通事故に遭ってしまったなら、と具体的に想像してみて下さい。
怪我の傷みに苦しんでいる、精神的ショックも大きかった、病院などの手続きだけでも精一杯。
そんなときに、慰謝料の交渉までできるでしょうか。
法律家に任せてしまった方が安心ではありませんか?

法律家に「たった今交通事故に遭ってしまった。何をしないといけないか全くわからないので助けて欲しい」という依頼をしても良いのです。
法律家なら、数多くの交通事故案件を取り扱ってきていますから、
事故後にどういう手続きやどういう書類が必要か、よくわかっているので的確に教えてもらうことができます。
事故後の大変なときに、すべきことを調べなくても教えて貰えるというのはそれだけで大助かりです。

更に、慰謝料の問題なども、被害者の損にならないように、加害者側の保険会社と交渉してくれることでしょう。

被害者である、あなたやあなたの家族は、何の心配もなく治療に専念できるというわけです。

さて、万が一のときにそなえて、どういう法律事務所や法律家がいるのか、
暇な時にチェックしておくというのも良いですね。
インターネットでも簡単に調べることができる内容です。
普段から少し情報収集しておくと、いざというときに焦りませんよ。

生活保護を受けている人が交通事故にあったら?

2月 13th, 2014

生活保護者が交通事故に遭い慰謝料をもらったとき。
実は生活保護費を返還しなくてはいけないと法律で決まっているのを知っていますか?

これは生活保護法63条できちんと決められています。
生活保護利用者が交通事故などで自賠責保険の賠償金や慰謝料・補償金などを受け取った場合。
この交通事故発生時から賠償金などを受け取るまでの間に支給された生活保護費を返還しなければいけないと決められています。

なぜ痛い思いをしたのに…精神的苦痛分のお金なのに…
返還対象となるのか?と納得いかない方もいると思います。
それは交通事故などの慰謝料や賠償金も、生活保護受給世帯が得た「収入」として取り扱う決まりとなっているからです。

しかし、金額については全額とは決まっていません。
返還額の決定については、その世帯の現在の状況などを考慮して決められることになります。
なので、状況によっては考慮され返還免除の場合もあります。

なので、生活保護受給者は交通事故の慰謝料や賠償金を得た場合、きちんと市町村などの機関に申告をしましょう。
申告を怠ったとき、最悪の場合は「不正受給」とみなされ逮捕されることもあるようです。
(即逮捕…という例はあまりないと思いますが、違法ですからね)

意外と知られていない、生活保護受給者の慰謝料受給によるペナルティ。
当てはまる人は、万が一のときのために知っておいたほうがいいでしょう。